河北排列7 500期走势

岳陽樓

岳陽樓は湖南省岳陽市古城の西門城壁上に位置し、洞庭湖を見下ろし、前方には君山島を望む。古來より、「洞庭は天下の水、岳陽は天下の樓」と稱えられている。岳陽樓は、清朝光緒6年(1880年)の大改修後の建築様式に基づいて整備保存され、高さ19.42m、幅17.24m、奧行14.54m、敷地面積25.66平方mである。建物の主體はすべて木材構造で、抬梁(タイリャン)式と穿斗(チュアンドウ)式を結合した建築形式で構成される。その特徴は以下の3つである。1つめは、樓全體が直徑46 cmの楠の柱4本、縁側の柱12本と軒の柱20本に支えられていること。2つめは、屋根が武將の兜の形をしており、國內でこの一例しかないこと。3つめは、最上階の3階の屋根の軒先は首を上げ空に向かうようになっており、折り重なった斗栱(ときょう。建築物の柱上にあって軒を支える部分)の意匠は精巧で、かつ屋根飾りの動物は生き生きとしており、2階の廊下部分もまた緻密に造られていること。繊細な細工が施され、厳格かつ重厚な建築構造をしており、中國の古代建築において貴重な財産である。

新碑廊

七星碑廊は、全長240mで、北斗七星の配列を模し、空から俯瞰すると金の鍵の形に見えるよう設計されている。50人近くの古代の大家の作品を所蔵し、大変価値のあるものである。

五朝樓観

唐、宋、元、明、清朝の各時代によって風格が異なった5つの岳陽樓を、青銅鋳造で縮小再現した。再現された5つの岳陽樓の周囲には水路が張り巡らされ、高樓は碧水に臨み、靜と動、剛と柔を併せ持っている。5つの岳陽樓はいずれも各王朝時代の岳陽樓の特徴を模して建てられ、すべてH 78黃銅で造られた。

君山島

君山島は、古代においては洞庭山、湘山、有縁山と呼ばれた。“八百里洞庭湖”の中にある島で、“千古名樓岳陽樓”とは向かい合うように位置している。面積は0.96平方km、72の峰によって構成され、國指定の名勝となっている。島には遺跡がとても多く、『巴陵県志』によると、もともとは36亭、48廟、5井戸、4臺があり、清朝末以降は荒廃が進んでいたが、現在は、二妃墓、湘妃祠、柳毅井、伝書亭、朗吟亭、酒香亭、楊幺寨、龍涎井、飛來鐘などが修復されている。また、新たに洞庭山荘、茶樓、ホテルなどが建設され、赤色の軒と青色の瓦が、精巧かつ上品で、獨特な趣を醸し出している。更には、島には特別な竹が生息している。君山島は、「洞庭茶島」とも稱され、特産の銀針茶は、唐朝時代には獻上品として皇帝専用となり、國際世界博覧會で金賞も受賞した。

LOCATION

湖南省岳陽市の西城の門頭に位置して、洞庭湖に寄りかかって、三國の時期に建てられました。

河北排列7 500期走势 北京pk赛车网址是多少 数数字游戏1到21 春秋彩票手机版 手机重庆时时彩官网 新疆时时开奖走势图 时时彩稳赚 技巧视频 北京pk10历史开奖直播 亚洲必赢国际app18 来几局百人牛牛有规律不 三肖六码3肖6码资料